タオルミーナ
EUROPE

シチリア島ー後期バロック様式/街全体が美術館

28/04/2020

Sponsor Link

イタリアのシチリア島南東部にある8つの街並みが「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」として2002年に登録に登録されました。

1)ノート
2)ラグーサ
3)カターニア
4)カルタジローネ
5)ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニア
6)モディカ
7)パラッツォーロ・アクレイデ
8)シクリ

これらの街にあるバロック様式の建築の数々が街全体を美術館にしているかのよう。
その背景には1963年にエトナ山周辺で起こった大地震が影響しています。この地震により街が全壊したのを機に、都市計画として後期バロック様式の建築や芸術が再現されました。

バロック様式

シチリアのバロック建築

コッレジャータ聖堂もバロック様式です。
1590年頃から盛んになった建築方式のことで、建物だけでなく、彫刻や絵画、家具などすべてが一体となった総合芸術が特徴です。

元々はイタリアのローマで始まり、フランスの太陽王ルイ14世の頃に絶頂期を迎えました。
ベルサイユ宮殿に見られるような宮廷芸術の豪華絢爛なイメージそのもので、その後、ロココ調の流れに繋がっていきます。

カターニア

カターニアはシチリア島の中で、パレルモに次いで2番目に大きな都市です。

パリからイージージェットでカターニア 空港に入りました。
街の至る所にバロック様式の建物が見られます。
ベネディクト会修道院もそのひとつ。建物の所々に黒っぽい部分が見られるのはエトナ山の溶岩を利用しているからだそうです。

2013年11月に訪れた時、街の中心部にある広場ではちょうど軍隊の式典をやっていました。

カターニアにきたら、デザートにはカンノーロを。リコッタチーズを薄いパイ生地で巻いた伝統菓子です。
エスプレッソとともに頂きましょう。なお、ミルクを入れたカプチーノは朝しか飲まない習慣があるそうです。

タオルミーナ

カターニアから日帰りで行けるタオルミーナまで足を伸ばしてみましょう。

映画好きの方なら、トップの写真をどこかでみたことがある風景では?
リュック・ベッソン監督『グラン・ブルー』の舞台になったイソラ・ベッラ。
伝説のダイバー、ジャック・マイヨールでなくても潜ってみたくなるほど美しい。

カターニアからタオルミーナまではバスが出ています。
ETNA社のバス利用でおよそ1時間15分。街の散策はタオルミーナ中心部にある4月9日広場から。1860年のイタリア統一戦争中の解放記念日にちなんで名付けれました。

シチリアパスタ

メインストリートのウンベルト通りから小道に入って散策するのも楽しい。
シチリア名物はイワシのパスタ。
魚介の旨味たっぷりのソースとウイキョウのアクセントが効いています。地元のリーズナブルな赤ワインとともに召し上がれ。

ワイン

ワインの生産量が世界一のイタリア(O.I.V調べ)。2018年はおよそ50億リットル、世界中で愛されています。代表的な産地はトスカーナ州「キアンティ」とピエモンテ州「バローロ」「バルバレスコ」です。

格付けのトップはDOCG。このマークがあるものを選んでおけば間違いないということですが、価格が安いテーブルワインも美味しいというのがイタリアワインの印象です。

1000円未満で購入できる微発泡のランブルスコが大好きで、よく頂きます。
ランブルスコは辛口と甘口があります。

イタリア中央部のワイン(トスカーナ州)

イタリア中央部トスカーナ州はアペニン山脈の高度と涼しい海風の恩恵があります。
酸味が高くタンニンが多いサンジョヴェーゼ種は成熟が遅いため、温暖な気候のトスカーナ州は栽培に適しています。

1)キアンティ

サンジョヴェーゼ種70%以上を中心にブレンドして造られる軽めの赤。
レッドチェリー、プラムなどの果実味が豊か。

2)キアンティ・クラシコ

1996年にキャンティと区別されDOCG認定。
サンジョヴェーゼ種80%以上と黒ブドウで造られ、キアンティより熟成期間も長く、より高品質。
黒の雄鶏マーク付き。クラシコは「伝統的な」という意味。

3)ボルゲリ

スーパー・タスカンと呼ばれるワインが誕生した沿岸地方。イタリアワインを国際的なレベルに引き上げた。
このエリアのワインはカベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどフランスのブドウ品種から造られる。世界トップレベルの「サッシカイア」が有名。

4)ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

トスカーナ南部はキアンティより標高が低く気温が温かいため、より凝縮されてボディも濃厚なスタイルのワインを生産。
サンジョヴェーゼ種だけで作られたブルネッロは販売前に最低5年の熟成期間を経ているとてもしっかりした赤。

チーズ

フレッシュタイプのリコッタ

二度煮るという意味を持ち、乳清(ホエー)が原料のため低脂肪。
日本に輸入されるものはほどんどが牛乳から造られる。

ペコリーノ・シチリアーノ

DOP認定の羊乳から造られるハードタイプのチーズ。
場所によってペコリーノ・ロマーノやペコリーノ・トスカーノなどもある。

パルミジャーノ・レッジャーノ

DOP認定の牛乳から造られるハードタイプのチーズ。
水分を完全に抜ききり、18ヶ月から36ヶ月以上熟成させる。
塩分たっぷりで、すりおろしてパスタやグラタンにかけて使うことが多い。

きょうのマリアージュ

クレメンテ・VII・キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2013年
+ペコリーノ・シチリアーノ

Sponsor Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA